工業・情報化部(省)が7日に明らかにしたところによると、同部はこのほど国家グラフェンイノベーションセンター、国家仮想現実(VR)イノベーションセンター、国家 超高精細動画イノベーションセンターという3つの国家製造業イノベーションセンターの設立を承認した。

国家グラフェンイノベーションセンターは寧波グラフェンイノベーションセンター有限公司をバックに設立され、グラフェン産業発展の弱い部分に向け、重要な共通的技術の研究開発を行う。

国家仮想現実イノベーションセンターは南昌仮想現実研究院有限公司をバックに設立され、中国の仮想現実産業の発展を制約する重要な共通的技術の難題に焦点を当て、重要な共通的技術の研究開発、実証実験、検査、技術サービスなどのプラットフォームを建設する。

国家超高精細動画イノベーションセンターは四川新視創偉超高清科技有限公司をバックに設立され、超高精細動画産業の発展の重要な需要に向け、フロントエンド収集、コンテンツ制作、コーデック、オンライン伝送、業界応用をめぐり、重要な共通的技術の研究開発、技術の応用・推進、業界の公共サービスなどの能力を高める。

出所:人民網

The content of this article is intended to provide a general guide to the subject matter. Specialist advice should be sought about your specific circumstances.