1月 14日に米国の商業特許データベースで公開された2019年の発明特許レポートによると、中国大陸企業の米国における特許出願が登録査定された件数が前年より34%以上も増加し、増加率が世界各国の中で最も高かった。

このレポートによると、2019年に、米国、日本、及び韓国企業の米国における特許出願が登録査定された件数がトップ3にラインキングした。中国大陸は4位にラインキングし、初めてドイツを上回った。中国大陸企業の米国における特許出願が登録査定された件数は、2018年の約12,600件から2019年の16,900件に増加し、増加率が34.14%であった。 一方、米国企業の増加率は15.95%であった。

登録査定件数の企業ラインキングによると、中国のHuawei、BOE等の企業が上位を占めた。 2019年、Huaweiは16位から10位に上昇し、前年より44%増加した。BOEは17位から13位に上昇し、前年より33%増加した。

レポートによると、2019年に、米国特許商標庁が330,000件以上の発明特許出願に登録査定を下し、2018年より15%増加し、この件数が過去数年間での最高記録になった。

また、レポートによると、遺伝子ハサミ技術CRISPR、ハイブリッドプラント、自動車計装、3Dプリンティング、及びがん治療に係わる特許出願が最も速く増加しており、これにより2019年の技術発展傾向を見える。

出典:新華社

The content of this article is intended to provide a general guide to the subject matter. Specialist advice should be sought about your specific circumstances.